【無料動画】映画 哭声(コクソン)あらすじとネタバレ考察

映画 哭声(コクソン)無料視聴方法

映画「哭声(コクソン)」は韓国映画(2016年公開)。日本人俳優「國村隼」の怪演でも話題になった作品。

伏線と謎が多く、映画を鑑賞した後も「いろんな解釈」ができてしまう不思議なサイコホラーサスペンスです。

映画のはじまりは韓国とある田舎の村に、日本人の『よそ者』がやってくることから始まる。時を同じくして村人が「自分の家族を殺害」する悲惨な事件が連続発生する。

そして、不思議なことに、その殺人を起こす者は「汚れた眼、湿疹になった肌、なにも言葉を出せない心理状態」で現場にいるという共通点が。

この事件を捜査する主人公「ジョング」は謎が解明できないまま事件に深入りしていく。そして、自分の一人娘の体に殺人犯と同じ湿疹が出てきたことに気付く。

ジョングは娘を助けたい一心で「よそ者」を追い詰めて村から追い出そうとするが、そのせいで事件がさらに混乱を極めて行く。

【キャスト】
クァク・ドウォン、ファン・ジョンミン、國村隼、チョン・ウヒ

【スタッフ】
監督 ナ・ホンジン

 

>>【高画質】 哭声(コクソン)無料動画はこちら

 

そんな、「哭声(コクソン)」のあらすじと、ネタバレを大公開しちゃいます

 

映画「哭声(コクソン)」ネタバレあらすじ

村で惨殺事件が連続して発生する。主人公「ジョング」は警察官で事件を捜査するが、次第に自分の娘が魔物に取り憑かれたように常軌を逸していく。

事件の原因になっていると特定した、日本人男性(國村隼)に村から出ていくように恐喝する。また娘を除霊するために、主人公の母親が霊媒師の男性を呼ぶ。

除霊のための儀式が行われるが、苦しむ娘の姿を見ていられなくなったジョングは、儀式を途中で中断する。

 

※ ここから「ネタバレ」

 

>> 哭声(コクソン)無料高画質動画をネタバレする前に見る?

 

 

日本人男性(國村隼)が殺される

ジョングは霊媒師の儀式を中断したあと、日本人男性(國村隼)を村から追い出すため仲間を集めて戦いに行く。

しかし、そこには山から降りてきたゾンビのような「別の男性」が現れる。そして、そのゾンビのような男にジョングの仲間が顔を噛みちぎられる。反撃でゾンビをクワで脳天から突き刺す。するとゾンビの男性は動かなくなる。

それを影からみていた日本人男性(國村隼)を見つけた一同は、日本人男性を追いかけるも逃がしてしまいトラックで帰路に。

その帰り道で日本人男性(國村隼)を偶然のように車が跳ね飛ばす。ジョングたちはそのまま崖から、日本人男性(國村隼)を突き落として捨てる。

 

謎の「白装束の女」

その後、霊媒師からジョングのスマホに連絡が入る。

真犯人は日本人男性(國村隼)ではなく「白装束の女性だ」と伝えてくる。白装束の女性は、映画の序盤にジョングに石ころを投げながら近づいて親切に状況説明をしてくれた女性で、人相が良く悪い人には見えない。

霊媒師は白装束の女性の言うことを聞かずに家に今スグ帰れとスマホから叫んでいる。しかし、ジョングの眼の前にいる白装束の謎の女性は「戻れば家族が殺されるから待て」と言う。

 

結末「悲惨すぎるラストシーン」

ジョングは、白装束の女性を信じられずに家に戻る。すると娘が家族を惨殺している悲惨な現場が眼の前に広がる。娘は血まみれで立っている。

茫然自失ジョング。魂が抜けたような状態になってなにも言葉がでてこない。

その様子を、冷静に霊媒師の男が写真に撮影し、コレクションしている箱に入れて帰っていく。日本人男性(國村隼)は、「悪魔の姿」になり、どこかの洞窟で自分を討伐にきた男性が恐れおののいている「顔」をカメラで撮影して喜んでいる・・・

映画はこれで終わってしまう。

正直あまりに「救いのない結末」に打ちのめされた。

それと同時に、謎になったまま残された部分を解明したくなった。二度目の映画鑑賞、三度目の映画鑑賞と映画を繰り返して見ての「超ネタバレ考察」を今ここに暴露する。

 

哭声(コクソン)ネタバレ考察

映画鑑賞後、真っ先に韓国映画の「殺人の追憶」を思い出した。

はっきりと犯人や動機がわからないので、映画を見た人たちが、鑑賞後に様々な解釈をして「考察」を重ねられる作りに本作も間違いなく計算され作られた映画だと直感した。

 

そういう意味で、解釈で内容がガラリと変わってしまう不思議な映画を楽しみたい人には『最高の作品』と言える。私は未だに「複数箇所意味がわからない状態」で、今この文章を書いている。この映画深いぞ・・・

 

日本人男性(國村隼)と白装束の女

まずわからないのが、よそ者である「日本人男性(國村隼)」が善人なのか悪人なのかだ・・・また祈祷師の男性も善人なのか悪人なのかわからない。さらに、白装束の女性も善人なのか悪人なのかわからなかった。

日本人男性(國村隼)は悪魔の容姿になって最後は笑っていた。祈祷師の男性は主人公の家族が惨殺された現場を「写真撮影」し、それをコレクションの箱に入れた。

これは明らかに悪人の行為で、姿も悪人に見える。

 

その祈祷師が「信じるな!」とジョングのスマホに必死電話し伝えた「白装束の女性」は今回の「黒幕」のように祈祷師に言われている。

しかし、この女性。主人公に何一つ危害を加えていない。本当に黒幕であり悪なのか?

 

白装束の女は終始「主人公に優しい」

この白装束の女性は、登場時に「主人公に石ころをぶつからないよう」に投げてジョングの注意を引く形で登場する。悪い女には見えない。

次に、日本人男性(國村隼)をジョングの運転するトラックに引かせるように、よそ者の日本人男性(國村隼)をトラックにぶつける。ジョングはこのよそ者を追い出すために必死にさがしていた。

主人公たちは、日本人男性(國村隼)を探して「討伐しよう」としていたが逃してしまい、意気消沈し帰宅中の出来事であった。よそ者と「白装束の女性」は対立関係にあるのは確かだ。

 

実は「祈祷師」はジョングの娘を呪っていた

祈祷師が、ジョングの娘を『除霊する儀式』を行うと娘が苦しんで死にそうになる。そのためジョングは儀式を中断させた。

その時、祈祷師が儀式で攻撃したのは、よそ者(日本人男性(國村隼))のように見えるが、実は主人公の娘にさらに呪いをかけていたと考察できる。

なぜか?

 

日本人男性(國村隼)もジョングの娘を呪っている

その、よそ者の日本人男性(國村隼)は同時刻に、神棚のようなものに祈り儀式を行っている。これはなんの儀式だったのか?

だれに向けてなんのために行われたものなのか?

これは、祈祷師と同じくジョングの娘に対する呪いの儀式と考えられる。

 

この二人とは真逆に、「白装束の女性」は主人公に警告を発し、ジョングの行動を助け、最後はジョングと家族を助けよう警告し続けていたように見える。

また、この女性の「人相」が非常に良く見える。なによりもジョングに対し「危害」を一切加えていない。この女性、終始一貫して「ジョングの味方」にしか見えないのだが、祈祷師は「悪者」にしようと「情報操作」し続けている。

ジョングと映画鑑賞している我々に『マイナスのイメージ』を植え付けようと終始印象操作しているのだ。

 

白装束の女性が一番強い

この白装束の女性の力なのか、「祈祷師の男性」がジョングの家に再び近づいた時に、鼻血を大量に出血し祈祷師が逃げ出すシーンがある。

この白装束の女性が、祈祷師から主人公の家族を守って追い払ったのではないか?しかも、圧倒的に強いこの「白装束の女性」は日本人男性(國村隼)を、前章で紹介のようにジョングのトラックに事故のようにぶつけてジョングに差し出している。

また追い払われた「祈祷師」が何度も主人公のスマホに連絡を入れ、「白装束の女性が黒幕」だと伝えるが、それは嘘で黒幕はこの祈祷師ではないのか?と考察できる。

祈祷師はジョングの味方として登場し、ジョングの娘を助けようと儀式を行うが、苦しんでいるのはよそ者ではなく「ジョングの娘」だけだ。

 

毒キノコのサプリメントが村を汚染した説

よそ者の日本人男性(國村隼)もまた悪魔であり、祈祷師を手伝っているように見えてくる。

味方のようにしていた人間が実は悪魔だったという考察である。

そして話の途中で、毒キノコのサプリメントで異常者が溢れて事件の原因になったというニュースが流れる。

 

もしかすると、毒に汚染された村で主人公やその家族、周りの人たちが幻想を見ているだけのかも知れない。その比喩表現として、日本人男性(國村隼)、祈祷師、そして「白装束の女性」が登場している可能性も考えられる。

つまりこれは「映画全てが毒に汚染された人間の幻想」という考察だ。身内を皆殺しにした村人たちと家族は「毒キノコサプリ」の被害者で、よそ者の日本人も祈祷師も全部幻想で、単に村が毒キノコで汚染されただけという見方だ。

 

日本人男性(國村隼)と祈祷師はグル

毒キノコサプリ幻想説でないルートに考察を戻す。

映画では、日本人男性(國村隼)は最後「悪魔の姿」になるが、山からゾンビが降りてきた時に困惑していた様子を見せる。よそ者の日本人は、「トラブルの原因」に関与はしているが、本人も止められない状態で右往左往していただけにも見える。

またカメラで惨殺された現場を撮影しコレクションしていた祈祷師と、日本人男性(國村隼)の姿は部分的に重なるものを感じる。

要約すると、この2人はグルで、祈祷師が「黒幕」であり日本人男性(國村隼)の制御できない悪魔が、祈祷師の男性なのではないか?日本人男性(國村隼)を操っているのが「祈祷師の男性」なのではないか?

この二人は対立しているようでグル。もしくは利害関係が一致していると考えられる。

 

最悪のラストシーンの理由

いずれにしても、白装束の女性が主人公の味方で、最後の最後に彼女を信じられなかった主人公が「バットエンド」を迎えた。何度見てもそう感じた。

おそらく天使である「白装束の女性」を信じられなかったのが最大の悲劇につながった。そう解釈すると、物語の伏線が回収できる。

つまり黒幕は祈祷師であり、その正体は「悪魔」である。日本人男性(國村隼)と祈祷師は結託していた。

そして謎の「白装束の女性」は救いの手を差し伸べた「天使」だった考察である。

 

謎の矛盾点

ただ、おかしいのは、この白装束の女性「ジョングの罪は日本人男性(國村隼)を疑い殺したこと」と言っていることです。

つまり、日本人男性(國村隼)は、「祈祷師」と違い『確信犯的な悪』ではない可能性があり「祈祷師」に利用されていたという筋です。

 

ちなみに、この映画のキャッチコピーは「疑え。惑わされるな。」。

つまり、正義のように見える登場人物が悪であり、悪魔のように見える登場人物が正義である可能性が高いことを示唆しています。

何度も見るほど面白く、余計に謎が深まっていく本当に不思議な映画作品ですね。

 

評価:★★★★☆ 80点

 

 

映画「哭声(コクソン)」無料動画

映画「哭声(コクソン)」は、Huluで見放題です。

Huluを初めてご利用の場合は、2週間お試し無料で視聴できます。またHuluはその他の映画・ドラマ作品も含め全部の作品が見放題です。


>>【Hulu】哭声(コクソン)動画はこちら

 

※ 紹介している作品は、2018年11月時点の情報です。現在は配信終了している場合もありますので、詳細はHuluの公式ホームページにてご確認ください。

 

>> Huluのお試しと解約方法の詳細はこちら

 

コメント