ロシアSF映画「アトラクション制圧」のネタバレ感想

ロシアSF映画「アトラクション制圧」のネタバレ感想

「アトラクション制圧」は『第9地区』『エリジウム』のスタッフによる2017年製作、2017年8月8日上映の「117分」のロシアのSF超大作映画です。

ドラマ「24:トゥエンティーフォー」のキムバウワーもびっくりな、DQNロシア娘と宇宙人の恋愛を描いたマッチポンプ式バカ映画「アトラクション制圧」はアマゾンプライムで視聴できます。

 

「アトラクション制圧」を視聴する

 

 

「アトラクション制圧」あらすじ(ネタバレあり)

巨大宇宙船がモスクワに墜落する。ビルが壊れ隕石が落ちたような大打撃を受けたロシア政府は、宇宙船に近づくと1人の宇宙人が出てくる。

宇宙人の名前はヘイコン。パワードスーツを着用していて最初はわからないが、人間とまったく同じ姿をしている。

アトラクション 制圧 キャスト一覧「登場人物」徹底解剖!

 

謎の装置「シルク」回収のため宇宙人が外をうろつく

地球墜落時に紛失した「シルク」と呼ばれる謎の装置を探すために、宇宙人のヘイコンはモスクワをパワードスーツ姿で探索する。

その途中、ロシア軍司令官「レベデフ」の娘「ユリア」に銃で狙撃されるが、ビルから転落しそうになった彼女をヘイコンは助ける。

しかし、ユリアの彼氏「チョーマ」と、その仲間に襲撃される。

ユリアは、自分のせいでズタズタになったヘイコンを助ける。

その後、ヘイコンとユリアは徐々に惹かれ合う。

 

ヘイコン(宇宙人)とユリアがラブラブになる

ヘイコンとユリアがラブラブになる。そして、なんとユリアは彼氏の「チョーマ」にスマホから「別れ話」をする。

これに激怒した「チョーマ」は、ヘイコンが着用していたパワードスーツで2人に襲いかかる。激しいバトルになるが、最後にチョーマがライフルで、ヘイコンとユリアを射殺する。

その直後、チョーマは逮捕される。

 

死亡した2人が蘇生される

死亡したと思われた、二人だったが宇宙船から来ていた「無人のパワードスーツ」にお姫様抱っこで運ばれる。

そして船内にある「細胞修復装置」で蘇生され両社とも命を取り留める。

宇宙船に一緒に乗り込んだ、ユリアの父「レベデフ」は宇宙船の人工知能から、なぜ墜落し「なんの目的」で地球を観察していたのかを知ることになる。

 

なぜUFOは地球の周りにいたのか?

人間が宇宙船を攻撃し地球に墜落した。宇宙船は地球人を近くで観察していただけだった。

地球人は戦争を好み資源を枯渇させ、あと600年以内に滅びることを計算していた。

しかし、ヘイコンは地球でユリアを好きになり「永遠の命」よりも「ユリア」をライフルから守るために優先した。愛を優先したのである。

AIはその永遠の命よりも「大切な何か」が存在することを知ることができたのは「収穫だった」と、レベデフに伝える。

そしてAIは無事回復した娘のユリアをレベデフに返し、ヘイコンと宇宙空間に飛び立ち消え去っていく。

 

感想「この映画はマッチポンプのバカ映画」

マッチポンプ感が凄く、軍曹の娘がドラマ「24:トゥエンティーフォー」のキムバウワーを彷彿とさせるDQNでストレスがたまりました。

ただ、映像がハリウッド映画そのものでボーッと映像を見ているだけでも楽しめる映画でした。

ユリアが、宇宙人「ヘイコン」の生命を危険に晒し、助けて恋に落ち、彼女の彼氏がヘイコンとユリアを射殺するが、謎の装置で『生き返り』無事にヘイコンは宇宙に返っていくという内容なのです。

 

ユリアのせいでみんな不幸になる

単純にユリアが余計なことをしなければ、ヘイコンは死ぬ目に合わないで済んだのです。

彼氏のチョーマも逮捕されずにすみました。

まさに主人公のユリアのマッチポンプ(自分で火をつけて自分で消す)映画の典型で、見ていてユリアへのストレスがすごかったです。

美人だけどこの女バカすぎるだろ!!!

こんな腹立つ映画は珍しいのですが、ジャック・バウアーの娘のキムバウワーを思い出しました。あれくらいのバカ娘です。

 

彼氏のチョーマが超DQNのバカでクソ腹立つ!

彼氏のチョーマのDQN独特の頭の悪さもスゴイイライラさせてくれます。

この2人は世界どころか「宇宙迷惑」です。こいつらのせいで、宇宙人のヘイコンが死にかけたわけです。最悪、地球はこいつらのせいで滅んでいるところでした。

 

それでも面白かった

散々叩いているのですが、それでもやっぱり面白かった!

宇宙人の超越した文明には憧れちゃいます。

例えば、『AI』という「ロボット少年」が登場する映画でも宇宙人が登場します。宇宙人は優しいし頭が良すぎる。だから「人間が非常にバカで低レベル」だと思い知らされます。

SF映画にでてくる宇宙人は人間の文明を超越している存在であるほど映画が面白い。

その点で、この作品は面白かった。だからSF映画が好きな人は是非、この作品を食わず嫌いせず見てください。SF作品としての映像も非常に良くできているし、パワードスーツが凄く良かった。あのデザインはCGならではです。

また途中、「中だるみ」はありましたが、最後まで集中力を引っ張るユリアへのイライラがたまりませんでした。

散々叩きましたが、話がシンプルで面白い映画作品です。是非視聴あれ!

 

アマゾンプライムで視聴する

 

コメント